神奈川県立厚木北高等学校

学校長あいさつ


 神奈川県立厚木北高等学校のウェブサイトにようこそ!

西に緑豊かな丹沢の峰々、南東には丸い地球を改めて認識させる相模平野を一望し、鳶尾の古代遺跡のあった荻野の台地に厚木北高等学校があります。都会の騒がしさから少し離れ、自然の恵みを感じられるこの学び舎で、生徒たちは生き生きと伸びやかで規律正しい学校生活を送っています。地元では「北高」と呼ばれ、「スポーツの北高」「部活動の北高」と冠付きで表現されることも多い「文武両道」を掲げる学校です。
今年度からは、これまでの「普通科スポーツ科学コース」を専門学科として「スポーツ科学科(体育に関する学科)」に改編し、学年制高校としては普通科とスポーツ科学科を併設する県内唯一の存在でもあります。

本校が育みたい生徒像は、
1 高い学力と豊かな人間性を兼ね備えた主体性のあふれる生徒
2 社会的・職業的自立を図ることができる生徒
3 健康でこころ豊かな人生を先導し社会に潤いをもたらすことができる生徒
4 スポーツや文化を通じて国際的素養を身につけた生徒です。



このため、習熟度別学習(数学・英語)などによる確実な基礎基本をベースした「わかる授業」と高度な学力を目指す「伸ばす授業」の両輪で、生徒の学力向上に取り組んでいます。また、学校行事、委員会活動、部活動などには授業にも匹敵する教育力があると確信しており、真剣に取り組ませることで、生徒の人間的な成長を支援しています。

平成26年度には、県内の高校で部活動での取り組みが最も顕著である学校に贈られる「部活ドリーム大賞グランプリ」を受賞。柔道部、弓道部、ゴルフ部が関東大会・全国大会に出場、サッカー部が全国選手権大会県予選で準優勝するなど、まさに「スポーツの北高」の年でした。
平成27年度、新たに演劇、放送、ヨガの活動が加わり、運動部だけでなく、文化部、文化活動にも力を入れ、運動部、文化部がともに輝く「部活動の北高」が更に前進しました。
平成28年度もゴルフ部と弓道部が関東大会・全国大会へ、ソフトテニス部と女子バレーボール部が関東大会へ出場したことに代表されるように、多くの部活動で活躍がありました。




生徒の活躍する場面を増やし、併せて、生徒一人ひとりが北高生であることに誇りを持ち、自ら伸びやかで規律正しい生活を送っていることも、本校の大切な財産です。教職員も「厳しくも温かい生徒指導・支援」モットーにチームワークで生徒に向き合っています。

これが北高の強みです。この強みを最大限に活かし、知・徳・体の調和のとれた教育活動の具現化により、生徒、保護者、教職員、地域の方々が「神奈川に北高あり」と誇れる学校づくりに向けて、これまで以上に取り組んでいきます。皆様のご支援、ご協力をお願いします。


河原校長 顔写真 tori.jpg
  神奈川県立厚木北高等学校長  河原 克宣

(平成29年5月25日記載)